会社設立について

営利目的の事業は、『個人事業主』としてスタート出来ますが、『会社設立』をすると大きな資金を扱う時にメリットがあります。 『会社設立』はどのようにすすめたらよいのでしょう。

■『会社設立』とは?

事業の形態は、『個人事業』と『法人事業』の2種類に大別されます。
この『法人事業』のなかに、『合同会社』や『株式会社』という事業形態が含まれています。
『会社設立』とは、法律(新会社法)にそって、登記を行い、会社組織を立ち上げることです。
個人事業主、合同会社、株式会社の特徴を知っておくと、『会社設立』のメリットがわかりやすいのではないでしょうか。

・『個人事業主』

開業届けのみで事業開始可能。
屋号を持ちますが、会社ではありません。

・『合同会社』

会社設立手続きが必要ですが、株式会社よりも運営がシンプル。
株式会社よりも、設立費用がやすく、登記に必要な書類も少ない。
個人事業主よりも経費の裁量が大きく、節税になる場合がある。

・『株式会社』

会社設立手続きが必要で、融資を受けるだけでなく、株式発行での資金調達が出来ます。
大きな資金を動かせる可能性が広がる。節税の選択肢が多い。
会社組織にすると、運営管理の面でやるべきことが多くなる代わりに、大きな資金を扱うときにメリットが感じられます。

■会社設立のステップ

<①設立準備>

*設立項目の検討、社印の準備など

設立項目は、会社を運営していくために決めておくべき事項で、定款にも記載します。
本店所在地は、初期費用を抑えるなら、自宅兼事務所や、レンタルオフィスを検討しても良いでしょう。
内容に変更があると、定款変更手数料がかかりますし、機関設計や事業年度など、その後の会社の運営に関わるルールとして重要な内容ですから、よく考えて決めていきましょう。

=おもな設立項目・準備=

・商号(会社名)
・事業目的
・本店所在地
・資本金
・株式会社の場合は株主の構成
・機関設計
・事業年度
・印鑑登録・印鑑証明
・設立費用

<②会社設立に必要な書類作成、提出>

*定款作成・認証
*登記書類の作成・会社設立登記
*開業の届け出

これらの書類の申請や登録で費用が発生します。

=株式会社の場合=

・登録免許税 15万円
・公証人手数料(定款承認)5万円
・定款にはる収入証紙 4万円(電子版では不要)
・定款謄本手数料 2000円程度(1ページごと250円)

=合同会社の場合=

・登録免許税 6万円
・定款にはる収入証紙4万円(電子版では不要)
・定款謄本手数料 2000円程度(1ページごと250円)

こうした書類の作成・申請は、自分でも出来ますが、会社の開業準備に集中したい場合には、10万円~15万円の費用で、司法書士や、代行業者に頼むことができます。
株式会社設立手続きに、上記の例で24万2千円、書類の作成・申請を、司法書士や代行業者にお願いすると、約35万円みておきたいという事です。
ここでかかった会社設立費用は、経費として計上出来ますから、領収証をとっておきましょう。

<③設立完了後>

*会社運営、助成金の申請など

いよいよ会社経営がスタートします。
会社設立後は、助成金の申請が出来ますから、該当事業は見逃さずに応募しましょう。

■会社設立か個人事業か

起業しようと思い立って、はじめから株式会社設立を希望する方もいますが、事業の規模によって事業形態を考えるのも一案です。

事業形態を選ぶ時のポイントとして知っておきたいのは・・・

①設立資金の負担の大きさは『個人事業主<合同会社<株式会社』
②会社の運営コストを捻出するには、ある程度の規模が必要。
③株式会社は、株式発行で資金が得られ、社会的信用も大きい。

大きなリスクを避けたいなら、『個人事業主⇒合同会社⇒株式会社』と格上げしていく場合もあります。
資金が潤沢で、ある程度の規模が見込める事業なら、『会社設立』に踏み切っても良いでしょう。

LP_banner_01

  1. 2018-6-7

    補助金とつなぎ融資

    会社を経営していると、経営の波はまぬがれないでしょう。事業をはじめたばかりや、たな事業、新たな経営戦…

おすすめ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る