法人登記について

法人登記とは、会社設立の時に必ず行われるものです。
法人登記すると、法人として公の記録に記載され、登記事項証明書によって、正式な手続きを取って設立された会社だと証明されます。
会社にとって、戸籍の様なものだと考えて良いでしょう。

■法人登記の第一歩

会社設立の時に行う法人登記では、定款を作成し、会社の概要を登録します。
一般的な起業の場合には、『合同会社』または、『株式会社』の設立に向けた法人登記になるでしょう。 定款に記載する主な内容は次の通りです。

・商号(会社名)
・事業目的
・本店所在地
・資本金
・代表社員、発起人
・株式会社の場合は株主の構成
・機関設計
・事業年度
・印鑑登録・印鑑証明
・設立費用

登記された内容は、公にされることが前提で、誰でも見る事ができます。
取引先の会社がどのような成り立ちなのかを知りたいときに、登録事項証明書を調べると一目瞭然です。
つまり、登記する内容は、慎重に検討すべきだということです。

登記した『本店所在地』、『取締役など役員』の変更、『法人の解散』があった場合には、再登記が必要で、書き換えても、それまでの記録は残されていきます。
短い期間に何度も取締役がかわっていたり、資本金があまりにも少なかったりすると、法人登記の登録から、不信感を招くことになります。 事業プランがしっかりした、信用のおける会社だとみてもらえる十分な準備をしましょう。

■『株式会社』設立の場合は定款に認証を受ける

『株式会社』設立を目指している場合、公証人役場に持ち込んで定款の認証を受けます。
本店住所を所轄する公証人役場に、以下のものを持参します。

・定款3通(公証役場保存用、会社保存用、登記用)
・発起人(出資者)全員の印鑑証明書1通ずつ
・収入印紙:4万円
・公証人へ払う手数料:5万円(現金)
・定款謄本の交付手数料:約2000円(1ページあたり250円)

代表取締役(代表社員)を含む発起人全員で手続きを行えない場合には、いけない人の分の委任状が必要になります。
『合同会社』設立の場合には、定款に認証が必要無いので、公証人への手数料5万円はかかりません。 手続き、費用の面でも負担が軽いと言えます。

 

■登記書類作成

・登記申請書、登録免許税印紙、登記の内容を保存したCD-RやFD
・定款
・発起人の決定書
・取締役の就任承諾書、代表取締役の就任承諾書、監査役の就任承諾書
・取締役全員の印鑑証明書
・資本金の払込証明書
・印鑑届出書

『合同会社』では、監査役などがいませんから、該当部分のみになります。
登記の内容についても、書類にまとめたものでも認めてもらえます。
株式会社の場合は、用意する書類も多いですし、設立準備に力を注ぎたい場合には、司法書士や代行業者にお願いしても良いでしょう。
資本金の払い込み証明書は、代表者個人の口座に資本金を振り込み、内容証明書類を作成してもらいます。

■『法人登記』のしかた

・会社登記の申請は代表取締役(代表社員
)が行う
・本店所在地の所轄法務局で行う ・郵送、オンラインでの申請も可能

準備した書類を法務局に提出し、不備があれば訂正など行い、内容が認められれば『法人登記』が完了します。
『法人登記』が完了したら、法人名義の銀行口座の開設や、税務署への届け出などに必要となりますから、登記事項証明書を3通取っておきましょう。
会社設立の手続きの中では、『本店所在地』の所轄の公証人役場、所轄の法務局での手続きがあり、本店をどこに置くのか早い時期に決めておく必要があります。

立地の良いところに本店所在地があると、その後の事業を進めるにも印象が良くなります。
初期費用を抑えて『本店所在地』を設定するなら、環境が整ったレンタルオフィスを検討しても良いでしょう。

LP_banner_01

  1. 2018-6-7

    補助金とつなぎ融資

    会社を経営していると、経営の波はまぬがれないでしょう。事業をはじめたばかりや、たな事業、新たな経営戦…

おすすめ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る