アーカイブ:2018年 3月

  • 【バーチャルオフィス】での住所はどんな正式表記になる?

    オフィスを賃貸せずに連絡先住所がもてるバーチャルオフィスは、初期費用も抑えられて注目ですね。登記に対応しているプランもあり、起業しようと考えている場合にも検討してみたいものです。バーチャルオフィスと住所の正式表記について…
  • 【バーチャルオフィス】での住所はどんな正式表記になる?

    オフィスを賃貸せずに連絡先住所がもてるバーチャルオフィスは、初期費用も抑えられて注目ですね。登記に対応しているプランもあり、起業しようと考えている場合にも検討してみたいものです。バーチャルオフィスと住所の正式表記について…
  • オフィス業務の効率改善に役立つバーチャルオフィス

    事業を円滑に行うには、使い勝手の良いオフィスを用意することが大事なポイントになります。顧客からの問い合わせ、やり取りは、アクセスや管理のしやすさで効率に違いがでてくるからです。オフィス業務の改善についてお話しましょう。 …
  • 法人登記と第三者への影響についておさらい

    法人登記すると公簿に登録され、社会的に責任がでてきます。事業では、サービスや商品を提供して対価を得ますが、適正な料金で満足できる結果が得られるという信用のもとに営利活動が成り立っています。『登記することで第三者に対抗でき…
  • 法人登記はするべき?必要性・意義をおさらい

    独立起業して法人として事業を行っていくには、『法人登記』することが義務付けられています。正式な会社として認められる信用が得られるというメリットがあるのは分かりますが、登録にかかる費用を考えると法人登記すべきか迷うという事…
  • 登記の本店所在地はどこにするのが良いか?

    登記することで正式な法人設立となりますが、この時、本店所在地を届け出なければなりません。形式的なものといっても、納税の手続きや、補助金申請のときに影響が出てきますから、事業の先行きを考えて決める必要があります。本店所在地…
  • ビジネスフォンの再リースにメリットはある?

    ビジネスフォンは、内線の転送が自在にでき、複数の着信を同時にやり取りできるので、事業所の電話といえば、ビジネスフォンが思い浮かぶ方も多いでしょう。導入費用をかけたくない場合にはリースを選ぶ場合もあります。再リースにどんな…
  • 同時通話したいならビジネスフォンを導入すべき?

    同時通話できると電話で打ち合わせができますし、仕事の効率アップに繋がりそうですね。事業を行うなら、一般的な固定電話の契約では難しい設定ができるビジネスフォンの導入を検討されている方も多いのではないでしょうか。ビジネスフォ…
  • 補助金の返還命令はどんなときに出されるもの?

    補助金は創業支援や事業の活性化などを目的として、経済産業省などからおりるお金です。対象事業は、事業計画をチェックした上、予算内で採択します。当初の計画と変わってしまった場合、補助犬の返還命令が出ることがあります。補助金の…
  • 両立支援助成金の利用条件は?

    立ち上げて間もない企業に対する助成金や補助金を活用できると、経営安定に役立ちますね。中には創業年数に関わりなく、条件を満たせば申請可能な助成金もありますから、ぜひチェックしておきたいところです。厚生労働省の両立支援助成金…

LP_banner_01

  1. 2018-6-7

    補助金とつなぎ融資

    会社を経営していると、経営の波はまぬがれないでしょう。事業をはじめたばかりや、たな事業、新たな経営戦…

おすすめ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る