連帯保証人とは?連帯保証人の会社設立時の意味は?

会社をおこすのに連帯保証人が必要だという話を耳にすることがあります。
会社設立に、連帯保証人は必ず必要になるのでしょうか?
また、連帯保証人というのはどういう意味を持つのか、お話ししましょう。

■会社設立時の連帯保証人とは?

連帯保証人は、融資を受けるときの契約にかかわってきます。
会社設立で、連帯保証人が必要になる場合は、設立資金の融資契約の部分ですから、万が一、業績が悪化して、資金繰りが立ちゆかなくなったときには、負債の返済義務が出てきます。
連帯保証人には、契約者と同じ責任がありますから、友人の会社の運転資金融資の契約の連帯保証人になると、経営に全くかかわっていなくても、返済の義務が生じるのです。
会社設立の時に、取締役が、資金融資の連帯保証人を引き受けると、会社経営が破綻すると共に、取締役個人も財産を失い、再チャレンジが難しくなってしまいます。
こうした事から、制度融資といって、各地方自治体が中小企業への融資を連帯保証人ナシでの融資制度をバックアップしています。
万が一の融資元への保証は保証会社が行い、返済を続けながら、再チャレンジしやすい仕組み作りを目指しているのです。

■連帯保証人がいなくても会社設立出来る?

連帯保証人がいなくても会社設立は可能です。
・融資先への保証は保証会社を利用。
・融資は受けず自己資金を利用。
極端な話、会社法の改正で資本金の大きさは問われませんから、資本金が1円でも登記は出来ます。
設立準備の資金、当面の運転資金がなければ、事業の運営は難しいですから100万円~300万円程度の初期費用は必要でしょう。
ただ、このくらいの資金であれば、貯金して用意することが可能な金額ですし、事業が軌道に乗ってから、徐々に拡大して行くつもりなら、融資なし、連帯保証人無しで会社設立が出来ます。
連帯保証人を用意するということは、それなりの融資を受けて資金を準備するということなのです。

■出資者だけで資金を準備する時は?

出資者の資金だけで資本金を準備する方法もあります。
会社設立時に発起人がそれぞれ持ち株の数にふさわしい金額を出し合うのです。
融資ではなく、出資となれば返済は必要ありませんから、連帯保証人も必要ありません。
また、クラウドファンディングによる資金調達も、出資を受けるのと同じですから、連帯保証人がいりません。
連帯保証人をつけずに会社設立をしたいなら、資本金を出資金でまかなうか、保証会社を利用した融資制度を利用するか検討しましょう。

最新の記事

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る