起業する為に選ぶ大学とは

起業する事は社会人の在り方と捉えているのは、古い考え方のようです。今や、高校生から起業する考えを持っているというから驚きです。では、高校生や大学を目指す方が、起業する為に選ぶ大学について紹介しましょう。

起業家にとって大学進学とは

起業するのに、大学進学は関係ないと言う人もいます。つまり、高校生であれ社会人であれ、やるべき事がきまっているのであれば、わざわざ大学での時間を浪費する事は、必要ないのかも知れません。

ZOZOタウンの例から見ると、高校卒業から始めたビジネスの成功例として誰もが知るところです。しかし、大学が必要ないと言う考え方は、一部の成功例から出た結果論と言えます。何故、大学が必要なのかを説明しましょう。

専門の知識だけでなく人脈も大事

確かに大学では、高校では学べなかった専門の知識を得る事が出来ます。起業家に必要な知識があるのであれば、学んでからでも遅くはないからです。むしろ、大学で交流できる学科やゼミ、サークルなどであらゆる人との交流を通じて、将来の起業の為に人脈つくりが必要と考えるからです。学問は学ぶ気があればいつでも習得できるでしょうが、人脈は機会がなければ関係性を持つ事が難しいのです。

起業の為の進学する学部

起業するのに、1番に考える学部が「商学部」や「経営学部」です。その名の通り、経済に直結し経営についても学ぶ事が出来るからです。他にも「理工学部」や「法学部」も役立ちます。

商学部や経営学部でビジネスを学ぶ

起業の原理には、お金を稼ぐ事があります。ビジネスとしては、商売が基本のスタイルとなります。物を売ってお金を稼ぐ事や、物作りでお金を稼ぐ事、サービスによって対価を得る事などです。経営学とは、その基本や専門的な考え方からビジネスを学んでいきます。最も、起業するのに必要な学部と言えます。

専門性の高い法学部

法学部は法律について学ぶ事で、会社に必要な税務分野に詳しくなり、法律関係の仕事で独立する事と、その資格から多くの企業の相手をする事もでき、弁護士が別の事業を立ち上げる知識や人脈をつなげる事も可能です。

商品開発の理工学部

理工学部は技術力や研究によって、製品開発に直結する部門です。最近では、経営者には理工学が向いているとの見解も出ているのです。他にも、プログラマーやエンジニアとして起業する事も可能です。

学生起業家の支援

大学によっては、学生の起業を支援する制度があります。高校生や大学生に必要な事として資金調達があります。未経験の学生には、資金調達は最も困難とする事がらですが、学生起業をサポートする仕組みとして、慶應義塾大学では「イノベーションビレッジ」や「アントレプレナー支援資金」などがあります。

同志社大学では、地元の地方銀行が創業のサポートをおこなっています。東京農工大学では、「多摩小金井ベンチャーポート」という起業家育成施設があります。

他にも、国や自治体によって「創業補助金」などの制度があります。

まとめ

学生の時点で起業を考える事は、起業家としての第1歩を先んじている事になります。すでに明確なビジネスプランがあれば、ビジネスの為のワークショップに参加して交流によって実社会での意見を参考にする事も可能です。

事業資金を軽減する為のバーチャルオフィスやレンタル事務所をお探しの際にはBuil-netフロンティアまでご用命下さいませ。

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る