知っている様で知らない?起業とフリーランスの違いとは

既存の会社で従業員として働くのではなく、自ら起業する人が増えています。また、働き方の多様化が求められる今、会社に属さず、フリーランスで働く人も増えています。今回はこの二つの違いをテーマにお伝えします。

起業とは

自ら会社を興す事を”起業”と言います。会社を興す目的は人それぞれですが、大まかに言うと、なにがしかの商品やサービスを市場に供給し、価値を提供する事が起業の大体の目的です。

事業が成功すれば、大きな利益を得る事ができるのも起業の特徴です。また、起業は必ずしも法人である必要は無く、個人事業主として起業する事もできます。この辺は間違いやすいので注意しましょう。

フリーランスとは

企業などの組織に属せずに個人で仕事を請け負い、自らのスキルで仕事をこなす人の事をフリーランスと言います。ソフトウェア開発や、デザイン制作、ホームページ制作、Webライティング、プログラミングなど業務内容は様々ですが、スキルの提供と引き換えに報酬を得ているという点では一緒です。

仕事を発注する企業との間に雇用契約は存在せず、あくまでも”請負契約”となります。
また、フリーランスで働くメリットとして、一般的な会社員程時間的制約が厳しくなく、自宅やカフェなど、好きな場所で働く事ができる、という事も利点と言えます。

また、フリーランスで働く人は仕事量が収入の額に直結するので、得意なジャンルを仕事にすれば会社員として働く以上の収入を得られる可能性が大いにあります。逆にこなせる仕事の量が少なければ、それだけ収入も減ってしまう為、会社員として働く事とフリーランスで働く事のどちらが良いかは一概にいう事はできません。

これまで会社員として働いていた人は、各種税金や社会保険料は給与から天引きされていたと思いますが、フリーランスになるとそれらをすべて自分で納めなくてはならなくなります。

また、注意したいポイントとして、会社という組織に属しないフリーランスという働き方をしていると、収入が不安定であると見なされてローンの審査が通りにくくなるという事も一般的に言われています。

個人事業主とは

こちらもよくフリーランスと混同される言葉ですが、個人事業主というのは、税務署に開業届を提出し、個人で事業を行っている人の事を言う言葉です。主に、士業を営んでいたり、店舗を営んでいたり、農業を営んでいる人が多く、フリーランスとはまた別の働き方の一つです。

起業とフリーランスの違い

ここまで、起業とフリーランスそれぞれの特徴を見てきましたが、他にも特筆すべき違いが両者の間にはあります。それは、始めるのに必要な手続きの煩雑さです。

当然の事ながら、会社を興す起業の方が、必要となる手続きもより多くなります。また、自らが社長となって従業員を雇う場合は責任もそれだけ重いものになります。従業員が多くなれば、働く場であるオフィスについても考えなければなりません。

まとめ

今回は、起業とフリーランスの違いをメインテーマにお伝えしました。それぞれの特徴を知っていただく事ができたと思います。それに伴うオフィス選びにレンタルオフィスという選択肢も加えてみてはどうでしょうか。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2021-3-9

    起業前に知っておきたい納めるべき税金

    起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…

ピックアップ記事

  1. 起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…
  2. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  3. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  4. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  5. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  6. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  7. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  8. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  9. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  10. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る