レンタルオフィスの上手な使い方!

時勢や働き方改革、リモートワークなどの流れから、「働く場所は一つの自社ビルの中で」という概念は大きく変わってきています。以前には無かったオフィス形態が、サービス提供会社を通して備えられています。レンタルオフィスもニーズから出てきた形でしょう。今回レンタルオフィスの上手な使い方に焦点をあてご紹介します。

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスは、立地の良いオフィスビルのフロアを仕切って貸し出すオフィスのことです。什器・OA機器・インターネット通信や回線・受付・来客対応・電話代行・貸し会議室などの事務所機能に必要なものが備えられていますから、パソコンさえあれば直ぐにビジネスが始めらます。

事業開始の際の初期費用が安いので、起業初期にメリットが多いといった、漠然としたイメージだけで選ぶのはとてももったいないです。このオフィスの形態は色々あるため、それらの活用術を理解した上で、自身の事業のスタイルに合ったオフィス形態を選択すれば、事業を円滑に進められる可能性を秘めています。

上手な使い方?

レンタルオフィスを上手く活用する効果的な方法がありますので、ご紹介しましょう。最近増加しているものが、セミナーやスクールの開催場所として使用することです。女性の事業家に多く、コンサルティング講座・マナー教室などの場所としてオフィスの会議室を利用して行います。

また、大事な商談などにも重宝されています。自社のプライベートなスペースで行えればベストですが、会議室を常設するには大きなコストがかかります。この形態のオフィスの会議室が大小あり、人数に応じて利用が可能です。

プライバシーも保持され、モニター、プロジェクター、ホワイトボードなどの用意もありますので、必要な時にだけ会議室を活用する方も多くいます。最近では会社単位でなく、会社勤めのビジネスパーソンが利用するケースが増えています。

営業の外出先で空いてしまった時間を事務処理などに活用するため、必要な分だけ時間単位で個室またはシェアスペースが利用できます。また、打ち合わせ場所として会議室を利用することも可能です。

短期でも利用できますので、あるプロジェクトを進めている間、または繁忙期のみ作業スペースとして使っている方も多くおられます。

Wi-Fiやインターネットなどを共有していれば、セキュリティ管理は重要になります。どの程度のレベルの管理システムなのか、事前に調べておくことも大切です。足りない部分は自身で工夫対処が求められます。セキュリティの管理には注意しましょう。

基本料金以外の費用は?

オフィスを選ぶときに注意する点について述べましょう。基本料金以外の費用ついて契約時に確認することは、以下になります。

〇共益費
〇法人登記をするための費用
〇空調費
〇光熱費などの費用

がどのようになっているかを確認することは大切です。

まとめ

レンタルオフィスを上手に活用する方法を中心に、どのような方が利用されているのか、どういう使い方があるのか、基本料金以外の費用などをご紹介しました。オフィスの運営会社によって提供されるサービス内容が異なりますので、気になるオフィスがあった際にはそれらも含めてご確認ください。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2021-3-9

    起業前に知っておきたい納めるべき税金

    起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…

ピックアップ記事

  1. 起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…
  2. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  3. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  4. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  5. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  6. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  7. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  8. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  9. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  10. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る