レンタルオフィスと賃貸オフィス~イニシャルコストとランニングコストそれぞれのちがい~

レンタルオフィスという言葉が、一般に浸透してから大分経ちます。新たに会社を興す時、フリーランスで事業を始める時、レンタルオフィスを選択肢に入れて考える事は一般的になってきました。そこで、今回はレンタルオフィスと賃貸オフィスのイニシャルコストとランニングコストそれぞれのちがいをメインテーマにお伝えしていきます。

レンタルオフィスとは

最初にレンタルオフィスについて簡単におさらいしましょう。レンタルオフィスとは、業務をする上で欠かせない机や椅子、インターネット環境などが予め揃っているワークスペースを提供するサービスの事です。

必要な設備が整っている為、契約してすぐに業務をスタートできるのが強みです。最近の働き方改革や世界情勢の影響を受けて急速に普及したオフィス形態の代表格です。

レンタルオフィスのイニシャルコスト

イニシャルコストとは、ざっくり言うと最初に掛かる費用の事です。会社を立ち上げる、又はフリーランスで仕事を始める際のイニシャルコストにはどの様な物があるでしょうか?

まず、従来の賃貸オフィスの場合ですと、テナントビルなどにオフィスを借りるのに敷金(保証金)/礼金が掛かります。敷金(保証金)の相場は一般的に、賃料の半年分と言われています。

壁紙を変えたり、フロアにカーペットを敷き詰めたりするのに内装費が掛かります。そして、業務をする上で必要になる机、椅子等の備品の購入費用が掛かります。また、コピー機・FAXの機能を持った複合機も導入する際に高額な出費が必要となります。

そのほか、インターネット回線もなくてはならない設備と言えます。これら費用が掛かるだけでなく、テナントビルのオーナーや管理会社の許可が必要な為、煩雑に感じる人も多いと思います。レンタルオフィスを、利用すればそれらの費用と手続きから解放されます。

レンタルオフィスのランニングコスト

では、次にランニングコストを比較していきましょう。

〇利用料
利用料は、賃貸オフィスの賃料に相当する費用です。レンタルオフィスは受付・廊下・トイレなどを他の利用者と共用で使っている為、必要な占有スペースが小さくて済みます。その分コストも安く抑える事ができ、特に会社を興して間もないスタートアップ企業にはうれしい特徴と言えます。

〇水道光熱費
賃貸オフィスの場合は、照明やトイレで消費する水道光熱費は実費を負担せねばなりませんが、レンタルオフィスであれば月額の利用料の中にそれらは含まれているので、余分な出費はありません。但し一部、対象時間外の利用に限って空調利用代を請求される場合もあります。契約前に運営者に確認しましょう。

〇複合機のリース代・インターネット回線の利用料
これらも賃貸オフィスに備える場合には毎月掛かる費用ですが、レンタルオフィスであれば利用料に含まれているので安心です。但し、複合機は一度の利用ごとに10円~数10円実費が掛かります。注意しましょう。

以上に挙げたような費用は、月額利用料に含まれている為、経理管理がしやすい事もレンタルオフィスを利用するメリットの一つと言えるでしょう。

まとめ

今回は、レンタルオフィスと、賃貸オフィスのイニシャルコストとランニングコストをそれぞれ比較してご紹介しました。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2021-3-9

    起業前に知っておきたい納めるべき税金

    起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…

ピックアップ記事

  1. 起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…
  2. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  3. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  4. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  5. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  6. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  7. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  8. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  9. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  10. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る