【起業するなら知っておきたいランニングコスト】

起業をするときには、登記や初期投資費用などを見込んで事業計画を考えて行きます。
次に見落としてはいけないのがランニングコストです。
ランニングコストが大きいと、収益を出すのが難しくなってしまいますし、思わぬところで資金不足を招いてしまいます。
会社経営に見込んでおきたいランニングコストについてお話ししましょう。

■税金について
法人登記すると、法人住民税が年間7万円かかります。
赤字でも、法人登記している会社では、支払うことになっています。
その代わり、もうけに関しては、経費を活用しやすく、税率の面でも抑えやすくなっています。
収益の見込みによって、個人事業として仕事をしていくか、法人登記するかを考える場合が多いでしょう。
所得税に関しても課税額を見越して、現金を残しておかなければ、納税時期になって資金が不足してしまい、経営が苦しくなることがあります。
年間所得800万円以下については税率15%、それを越える部分は25.5となっています。

■社会保険
社会保険料は、会社と個人で折半して納めます。
給料から天引きして納入しますが、毎月あるいは半年に1度のまとめ払いができます。
給料+通勤費用の約13.5%を負担しますから、払込額はこの倍になります。
20万円支払っている従業員がいれば、2万7000円×2で5万4000円になります。
売上金が入ってきたら、しっかり振り分けて、支払い分の金額を確保しておかなければなりません。

■個人事業と法人を比較
法人化すると言うことは、税制でメリットが得られるほどの大きな金額を扱うことを意味しています。
仕事の受注に法人であるかどうかが影響するケースもありますが、ランニングコストが計算出来て、収益が見込めるところまで積み上げて法人化という考え方もあります。
また、事業のランニングコストの中で、オフィスにかける費用、人件費は見逃せません。
レンタルオフィスや外注を上手に使ってコスト削減をし、事業資産を増やしていくことが、事業拡大につながる場合もあります。

■新創業融資を受ける場合
創業時には多くの資金を投入しなければなりませんが、融資を受けるためには、自己資金がある程度確保されていること、事業計画が綿密に建てられていて回収の見込みがあることがポイントになります。
税金や社会保険、事業を回して行くために必要な資金、オフィス費用、事務機器のリースに至るまでのランニングコストに目を配ってキャッシュフローを見直しましょう。
日本政策金融公庫(日本公庫)の新創業融資を申請する時にも重視される点です。

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る