法人登記の閲覧は無料でできる!?

皆さんは、法人登記という言葉をご存知ですか?この法人登記というのは、誰でも閲覧することが可能なのです。そこで、閲覧をするにあたって手数料はかかるのかそれとも無料なのか、気になるところですよね。そこで今回は、法人登記の閲覧は無料でできるのかを中心に、法人登記をするメリットについてもご説明します。

 

目次

1.法人登記とは

2.法人登記の閲覧は無料なの?

3.法人登記をするメリット

4.まとめ

 

1.法人登記とは

法人登記とは、法人の商号や所在地、代表者の氏名などの取引上重要な事項を一般に公開するために、法務局にこれらの情報を登録する制度のことです。法人登記は法律で義務付けられているので、必ず行わなければいけない手続きになります。

 

2.法人登記の閲覧は無料なの?

結論から申しますと、閲覧は無料ではありません。閲覧をするためには、手数料がかかります。無料で閲覧したいという方は多いと思われますが、「情報が最新のものなのか、正しく発行されたものなのか」といった信頼性の維持を踏まえますと、手数料がかかるというのは仕方がないことなのかもしれません。

 

3.法人登記をするメリット

法人登記をするメリットを3つご紹介します。

・社会的信用が高まる

個人事業主と違い法人は登記されているため、資本金や役員なども明らかにされています。つまりそれは、法人として社会に責任を持つことを意識している証拠になります。その分、信頼が得られるということです。

・相続税がかからない

個人事業の場合は、その経営者が死亡すると財産すべてが相続の対象になります。一方で法人の場合は、相続という概念が該当せず、相続税はかかりません。

・融資、資金調達を行いやすい

金融機関から融資を受けようとする場合、個人事業主はどうしても、個人のお金と事業のお金が曖昧になりがちです。しかし法人の場合は、財産管理が厳しくされているため、金融機関もどれくらいの資産を持っている会社なのかを判断しやすく、融資判断がしやすくなります。その結果、融資の可能性が広くなります。

 

4.まとめ

今回は、法人登記の閲覧が無料でできるのかについてご説明しました。結果、閲覧には手数料がかかることがわかりましたね。また、法人登記をするメリットとして、信頼が得られることや相続税がかからないこともわかりました。ぜひこの記事を参考に、法人登記についてもっと詳しくなってみてはいかがでしょうか。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT

http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2021-3-9

    起業前に知っておきたい納めるべき税金

    起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…

ピックアップ記事

  1. 起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…
  2. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  3. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  4. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  5. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  6. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  7. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  8. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  9. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  10. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る