シェアオフィスを借りるとき住民票は必要ですか?

起業家を目指す人にとって会社を設立して「一国一城の主」になることが最初の目標になることでしょう。会社あるいは事務所の大きさに関係なく、まずは、スタートする場が必要になります。会社の設立の関係と、事務所を借りるときの住民票は必要とされるものなのか説明していきましょう。

■まずは、住民票の意味することは

住民票は、簡単に言えば、そこで寝起きしているか本人や家族の生活の場所であるかが通常の考え方です。ただし、住居にて商売を始めている場合もありますので、住居と事業場所がおなじ場所や、おなじ敷地内であることも少なくありません。この場合、住民票には個人の住居と事業所の住所をおなじにする場合があります。

■会社の登記に必要な書類

「登記申請書」「会社の目的や活動などの定款」「発起人の決定書」「取締役や監査人の就任承諾書」「資本金払い込みの証明書」「印鑑証明(会社の実印)」「個人の印鑑証明」などとなっています。会社の設立には、直接的に住民票が必要になることはないのですが、間接的に必要になる場合はあります。

■事務所を借りるときの書類に住民票の有無は

個人の登録している印鑑証明が「会社の登記」や「事務所の賃貸契約」に必要になってきます。それは、個人の居住している市区町村での発行となりますので、結果的に住民票の登録が関係してきます。会社の登記に関しては、登記後の住民票の移動に関して変更の手続きが複雑になってきますので、「会社の登記」と個人の住居の関係についても後々の事を考えておくべきでしょう。

■住民票は必要ないが印鑑証明が必要

住民票と印鑑証明は連動しているので、結果的には住民票の所在地と、印鑑証明の登録には住民票が関係してきています。

■事務所を借りるときに住所を移すことは可能か

住民票を事務所に移すことは可能ですが、レンタルオフィスやシェアオフィスの場合は原則的に住居としての契約は拒否している場合が多いです。仮に許可があったとしても、先に住民票について述べたように、生活の拠点としてなりたっているかによって、住民票の取り消しがおこる事があるので会社の社長としては、注意すべき事でしょう。

事務所と住民票の関係と、社長の住居は起業するうえで最初のスタート地点となってきます。できれば、おなじ地区に住民票を取得して、レンタルオフィスやシェアオフィスから始める事がよいのではないでしょうか。レンタルオフィスやシェアオフィスを探すのはなかなか難しいと言われるくらい賃貸契約の流れは速いものです。事務所をお探しの際にはBuil-netフロンテアまでご用命くださいませ。

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る