レンタルオフィスの便利な設備完備は経費節約ができる!

起業を始めるにはオフィス設備・内装など、いろいろと準備しなくてはなりません。初めて事務所を構える人にとって余計な出費は抑えたいものです。オフィスコストの節約として、自宅やコワーキングスペース、シェアオフィスなどの利用が考えられますが、会社オフィスに近い形態や環境を備えてくれるのが、「レンタルオフィス」です。その便利さや設備などについて調べていきましょう。

オフィスの利用

個室・専有

一般的なレンタルオフィスのサービス利用形態で、人数に合わせてオフィス空間と机や椅子などの設備を専有できます。 会議室や受付、オフィス機器が共有できるのもあり、ワークスタイルや規模、予算に応じて様々な選択が可能です。

シェア・共有

複数の会社でオフィス空間やオフィス設備を共有するタイプのレンタルオフィスで、オフィスシェアリング、 シェアードオフィスと言われています。 他社との交流や現代的な利用方法で、個室・専有に比べコスト削減が期待できます。

時間貸し

1日に数時間、毎週特定の日に数時間など、時間単位で必要なときに無駄なく利用できるタイプでその手軽さが魅力です。 決まった時間に自分だけのワークスペースがほしい方や一時的にリモートオフィス、サテライトオフィスを持ちたい企業様に最適です。

オフィスに必要な設備

オフィス設備として必要となるものは業種や規模によって様々ですが、起業してオフィスを構える場合に必要になる設備や機器についてまとめました。下記に書いてあるものは、レンタルオフィスにて準備されているものです。

【デスク・椅子】
業務を進めるためには、オフィスの机や椅子は人数に合わせて必要になります。

【脇机・ワゴン】
デスクに引き出しが付いているタイプのものでなければ、別に書類などを整理するためのキャビネットや脇机が必要で、デスクや人数に応じて準備する必要があります。

【プリンタ】
コピー機や複合機などはオフィスに欠かせない設備です。

【ネットワーク無線・ファイバー・ルーター】
インターネット接続のための機器環境設備が必要です。契約や工事など、いろいろと手続きが面倒ですが、レンタルオフィスならそれらも、すでに完備されています。

【シュレッダー】
重要な書類廃棄に欠かせないシュレッダーは必要ですね。

【電話】
営業や取引先との連絡には電話が必要です。オプションの契約によっては、電話代行、転送サービス、電話秘書サービスなどの利用も可能です。

【プロジェクター、ホワイトボード】
会議やミーティング、社内イベントの際に必要で、テレビ会議などを行う場合は、モニターなどを準備します。レンタルオフィスによってはそれらが準備されており、購入の必要がないため、費用を抑えることができます。

それ以外の設備やサービス

レンタルオフィスを打ち合わせやミーティングのためのスペースとして利用しているという企業もあります。執務スペースもしっかり整っているので、会議がある日はレンタルオフィスで仕事をこなし、その合間で会議やミーティングを行うといった利用ができるので、必要な時に必要な時間だけ確保し、いつでも会議室を利用できます。

まとめ

事務所開設には家具や備品を用意する必要があります。必要な器材・設備がすべてそろった状態のオフィスを借りられるレンタルオフィスは、資金に余裕のない起業家にとって、とても便利です。駅から近いなど立地条件が良いものが多く、自分で事務所を構える場合に比べて初期費用を抑えられ、事業規模に合わせて最適な広さを選べて、手狭になれば気軽に引越しもできます。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る