個人事業主がレンタルオフィス事務所を必要になる理由

個人事業主は事業を始めるにあたって、身軽である反面、社会的な制約で縛られる事で一般的な会社とは異なるアプローチで事業を始めなければならないのです。経済力の面や事業の取り組み方などで、レンタルオフィスが必要になる理由について紹介します。

個人事業主はスタートでハンデがある

個人事業主は、言い方を変えると社長とも言えますが、違う見方としてはフリーランスと捉え方をする人が多いのではないでしょうか。フリーランスとは、自由で束縛のないスタイルのように考えてしまいます。

つまり、見方によっては「信用や信頼」において、疑問となることが多いのです。なぜならビジネスにおいては、個人よりも会社としての一員を信用する傾向があるからです。この時点で、個人事業主はハンデを抱えて事業を始めなければならないのです。個人事業主が信用を得るには、何か確かな存在が必要になってくるのです。

レンタルオフィス事務所を必要する理由

自宅を事務所として兼用する方もいます。それも1つの方法ですが、やはりちゃんとした事務所を構えた方が、信用や信頼にも結び付いてきます。例えば、多くの個人事業主は1人で事業を始める事でしょう。

事務所があっても、電話の対応を行ってくれる受付がいなければなりません。レンタルオフィス事務所は、必要に応じた広さでレンタルする事ができて、オプションのサービスによって、電話の受付や秘書の代わりも務めてくれます。

人件費を考えると、電話受付や電話秘書は効果のあるサービスと言えます。レンタルオフィス事務所は、都内の一等地に事務所を借りる事が可能なので、ネームバリューとしての、営業力に及ぼす費用対効果は高くなるのです。

場所における営業効果

営業とは、利益を得る為の手段になります。決して簡単な事ではなく、営業先に何度も足を運んだとして契約を取る事は困難なのです。

しかし、都内一等地で事務所を借りている事実があれば、あるいは名刺に都内一等地の場所を印刷してあるとすれば、それだけで信用に及ぶ事が出来るので、宣伝効果となり、レンタルオフィス事務所が個人事業主のスタートのハンデを、埋める事が可能なのです。また、都内を起点として、あらゆる場所へ出向くには、利点が高いと言えます。

設備が充実

電気や水道、冷暖房設備、デスクやオフィス機器などの設備がそろっているので、オプション料金の場合もありますが、事務所として事業を始めるにあたって、特別に購入する必要がないので、コストを最大限に抑える事が可能なのです。

共有設備にも、会議室も用意されていて、必要な時間に応じて利用する事もできます。(業者によりますが無料の場合もあります。)

法人登記も可能

個人事業として始めるにしても、事業規模に応じて法人登記が必要になる場合も出てきます。最初は初期費用を抑えて個人事業の成功に応じて、法人登記を行った方が税務上では、優遇される場合があるので、スタートする最初の場所としてレンタルオフィス事務所を必要と考えます。

まとめ

個人事業主が事務所を構えるのに、スタートアップの場所として、レンタルオフィス事務所を必要とする理由がご理解頂けたと思います。コスト面や対外効果を考えた場合に、レンタルオフィス事務所を利用する必要があるのです。

事業資金を軽減する為のバーチャルオフィスやレンタル事務所をお探しの際には、Buil-netフロンティアまでご用命下さいませ。

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る