コスパ最強!? レンタルオフィスで事務所設立

昨今、人気が急上昇中のレンタルオフィスですが、起業したての事業主の方には非常にお勧めできる選択です。レンタルオフィスとは、小さな個室を借りオフィスとして利用できるサービスです。今回は、レンタルオフィスを契約するメリットや探し方について解説していきたいと思います。

レンタルオフィスを契約するメリット

レンタルオフィスを契約すると以下のメリットが望めます。

情報の漏洩の心配がない

レンタルオフィス以外にもシェアオフィスやコワーキングスペースという仕事場をレンタルできるサービスがありますが、それらと大きく異なる点はプライベートな個室空間であるということです。

シェアオフィスは共有空間で作業するため、仕事に使った書類やパソコンは持ち帰らなければなりませんが、レンタルオフィスの場合はデスクトップPCを持ち込んでも問題ありませんし、盗み見られる心配もありません。

インターネット回線

基本的にレンタルオフィスには、高速のインターネット回線が常備されています。「WIFIを利用するには別にレンタルオフィスを利用する必要はないのでは?」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、フリーWIFIは電波状況やセキュリティー上の問題からビジネス用途の利用には懸念点があります。

しかし、基本的にレンタルオフィスには高速のインターネット回線が常備されているため、安心して業務に集中できます。

好立地のオフィスを低価格で

レンタルオフィスは立地に関しても都心部の駅前など好立地に多く、交通の利便さやコストカットが期待でき、更にオフィスの住所を法人登記の際に利用できるため、金融機関から借入・取引先からの社会的信用など様々な恩恵が受けられます。

レンタルオフィスの選び方

一口にレンタルオフィスといっても、提供されるサービスには多種多様な形態があります。
ステーショナリーからコピー機、パソコンといった基本的なものは大抵のオフィスで利用することができ、場所によっては3Dプリンターまでレンタルしてくれるオフィスも存在し、事業所を構えるよりもランニングコストを抑えることができます。

次にチェックする項目として、「貸し会議スペースの有無について」が挙げられます。会議室にはプロジェクターやホワイトボードなどが設置されており、本格的な会議に臨めます。
受付や秘書代行サービスを行っている場所もあり、提供されているサービスが事業内容にマッチしているか、事前にしっかりチェックしておくと仕事効率も格段に向上することでしょう。

まとめ

事業所をレンタルオフィスにする利点や業務内容にあった選び方について、解説してきましたがいかがだったでしょうか? レンタルオフィスは初期投資のコストパフォーマンスだけでなく、充実した環境の提供・社会的信用も得られやすい等々、起業したばかりの人にも非常におすすめできるサービスです。契約からすぐに利用できるため事務所選びに悩んでいる方は、是非ご一考されてみてはいかがでしょうか?

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る