レンタルオフィスを事務所として借りる際の契約形態は?

貸事務所を借りる場合、初期費用は相当高い額を支払うことでしょう。しかし、レンタルオフィスはその費用が低額で済み、新たな土地でのスタートをするときお財布に無理な負担をかけずに済むというのが利点です。では、契約をするときはどうなのでしょう。今回はレンタルオフィスを事務所として借りるときの契約はどの扱いになるかお話しします。

契約を交わす前に・・・

レンタルオフィスに限らず、あらゆる賃貸物件において事前に内覧をしておくことが常識です。何故なら、実際に借りる場所の現状を把握しておくことは重要で、設備などに不具合などがないかを確認するうえでも重要だからです。

初期費用についてどのくらいかかるのかといった「コスト」のことや、利用するための条件はどうなっているのか詳細の項目などを説明してくれますので、しっかりと聞いておくとともに使う側からすれば希望する条件があればそれをしっかりと伝えておくことも大切です。

この時点では、まだ

内覧をした段階ではまだまだ契約しますという意思表示をしておらず、見学した時点のレンタルオフィスなどの状態をチェックした程度で、借りる人からすればほかの状態も確認しておきたいところでしょうし、価格面なども比較対象としながら検討していくことでしょう。

契約形態のこと

実際にレンタルオフィスを借りるときの契約形態はサービス利用契約及び施設利用契約のいずれかを締結することにし、最初からオフィスとして使えるようにしてあることを前提として用意されているスペースの提供により、契約期限に達したらそのまま返すことになっているからです。

そして入居しますという意思決定をしたのならば、スタッフと一緒に契約をするために必要な手続きへと進みましょう。しかし、個人契約と法人契約とでは必要書類は異なってきます。契約をする前には法人化するのかしないのかを明確化しましょう。

契約に必要な書類

ここでは、レンタルオフィスを借りる際に必要な書類について紹介しましょう。最初に必要なのは印鑑証明書(法人・個人共通)です。

法人契約
①会社登記謄本、会社概要書→会社として登記するために必要な書類で、自分の会社の目的を記しています。
②代表(保証人)の住民票と印鑑証明書と身分証明書→会社の社長もしくは代理の方の身分を証明するのに必要な書類です。

個人契約
①住民票→自分が住んでいることを記しています。事業者によっては提出をしなくてよいところも存在します。
②事業内容書→自分が実際に事業をすることを記している内容証明書です。
③第三者(保証人)の住民票と印鑑証明書と顔つきの身分証明書→保証人となってくれる方の身分証明書です。

各種書類に漏れがないのであればいよいよ入会審査へと進みます。

まとめ

レンタルオフィスを事務所として使う際、契約をすることが前提ですがそのために必要な書類はどうすればよいのか、また、条件面などにおいて内容と一致しているかを確認するためにも事前に内覧をしておくとよいでしょう。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/
レンタルオフィスを事務所として借りる際の契約形態は?

■リード
貸事務所を借りる場合、初期費用は相当高い額を支払うことでしょう。しかし、レンタルオフィスはその費用が低額で済み、新たな土地でのスタートをするときお財布に無理な負担をかけずに済むというのが利点です。では、契約をするときはどうなのでしょう。今回はレンタルオフィスを事務所として借りるときの契約はどの扱いになるかお話しします。

契約を交わす前に・・・

レンタルオフィスに限らず、あらゆる賃貸物件において事前に内覧をしておくことが常識です。何故なら、実際に借りる場所の現状を把握しておくことは重要で、設備などに不具合などがないかを確認するうえでも重要だからです。

初期費用についてどのくらいかかるのかといった「コスト」のことや、利用するための条件はどうなっているのか詳細の項目などを説明してくれますので、しっかりと聞いておくとともに使う側からすれば希望する条件があればそれをしっかりと伝えておくことも大切です。

この時点では、まだ

内覧をした段階ではまだまだ契約しますという意思表示をしておらず、見学した時点のレンタルオフィスなどの状態をチェックした程度で、借りる人からすればほかの状態も確認しておきたいところでしょうし、価格面なども比較対象としながら検討していくことでしょう。

契約形態のこと

実際にレンタルオフィスを借りるときの契約形態はサービス利用契約及び施設利用契約のいずれかを締結することにし、最初からオフィスとして使えるようにしてあることを前提として用意されているスペースの提供により、契約期限に達したらそのまま返すことになっているからです。

そして入居しますという意思決定をしたのならば、スタッフと一緒に契約をするために必要な手続きへと進みましょう。しかし、個人契約と法人契約とでは必要書類は異なってきます。契約をする前には法人化するのかしないのかを明確化しましょう。

契約に必要な書類

ここでは、レンタルオフィスを借りる際に必要な書類について紹介しましょう。最初に必要なのは印鑑証明書(法人・個人共通)です。

法人契約
①会社登記謄本、会社概要書→会社として登記するために必要な書類で、自分の会社の目的を記しています。
②代表(保証人)の住民票と印鑑証明書と身分証明書→会社の社長もしくは代理の方の身分を証明するのに必要な書類です。

個人契約
①住民票→自分が住んでいることを記しています。事業者によっては提出をしなくてよいところも存在します。
②事業内容書→自分が実際に事業をすることを記している内容証明書です。
③第三者(保証人)の住民票と印鑑証明書と顔つきの身分証明書→保証人となってくれる方の身分証明書です。

各種書類に漏れがないのであればいよいよ入会審査へと進みます。

まとめ

レンタルオフィスを事務所として使う際、契約をすることが前提ですがそのために必要な書類はどうすればよいのか、また、条件面などにおいて内容と一致しているかを確認するためにも事前に内覧をしておくとよいでしょう。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る