レンタルオフィスと賃貸事務所とは?

レンタルオフィスは、一般的な貸事務所とは異なる新しいワークスペースです。ビジネスに関する様々な設備やサービスが充実していることから、近年人気となっています。では、レンタルオフィスと賃貸事務所、それぞれの特徴にはどのようなものがあるのでしょう。

レンタルオフィスの特徴

起業する際にレンタルオフィスを活用する方が増えていることから、レンタルオフィスの認知度も高まっています。しかし、「レンタルオフィスがどういうものなのか」という明確な回答を持ちあわせている方は、なかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。

〇レンタルオフィスは占有できる個室がある
レンタルオフィスの特徴として、占有の個室が用意される点があげられます。そのスペースを契約することで、パソコンや書類などは、置いておくことができ、施錠することでそのまま帰ることもできます。

〇サイズが選べる
レンタルオフィスのサイズは、1名用から数十名用までとサイズが選べます。

〇住所利用ができる
レンタルオフィスは、住所利用が可能で法人登記もできます。そのようなことから、レンタルオフィスを借りることによって、立地の良い場所で自分の会社を立ち上げたり、個人事業主の住所として利用することができるのです。

〇初期費用が安い
通常の賃貸事務所で見られるような「敷金や礼金・仲介手数料」なども、レンタルオフィスではかからないものが多く、また、コピー機やインターネット環境などの設備も充実していることから、初期費用が安くすみます。

賃貸事務所の特徴

自宅で起業をして、ビジネスが軌道に乗り始めたら、従業員も確保することになるでしょう。そのようなことから、レンタルオフィスにするか、賃貸事務所にするか迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、賃貸事務所についてご紹介します。

〇賃貸契約を結ぶ
賃貸事務所は賃貸契約を結ぶことにより、自社で独占できるオフィスを確保できるオフィス形態です。賃貸契約を結ぶ際には、審査や、敷金・礼金の授受であったり中には保証人を立てて契約することもあります。

〇スペースの自由度
賃貸したオフィスは自社で独占できるため、自由度が高く内装も自由に設計することができます。ただし、OA機器やインターネット環境など、ビジネスに必要な設備投資・インフラの導入に膨大な費用と手間がかかります。

また、事業が軌道に乗ってきて事務所の広さを変えたいという場合、賃貸事務所であれば他の事務所を探さなければなりません。その場合、原状回復工事などの問題が絡んできます。長期的に利用する場合は良いのですが、すぐに大きくなるようなビジネスでは割高になってしまいます。

まとめ

レンタルオフィスを検討する人は、どちらかと言えば簡易的に使える事務所を探している人や、一時的な事務所使用を検討している人が多いのに対して、賃貸事務所を検討する人は、腰を据えて何年もそのオフィスで営業していくことを視野に入れた方が多いものです。それぞれの、ビジネススタイルに合わせたスペースを選択するようにしましょう。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る