レンタルオフィス|事務所にフリーアドレスを導入する必要性は?

働き方が多様化される昨今、オフィスにおいてもその自由度が求められています。その先駆けとなる「フリーアドレス」の導入ですが、その効果には、どのようなものがあるのでしょう。今回は、事務所のフリーアドレスに触れながら、レンタルオフィスでも必要となるのか見ていきましょう。

そもそもフリーアドレスとは?

フリーアドレスとは、社員が個人個人の席を持たず、自由に働く席を選択できるオフィススタイルのことです。これまでのオフィスですと、朝、出勤すると決められた席に座り、業務を開始していた光景が当たり前でしたが、その決められた席という概念をなくし、空いている席や自由な場所で業務に取り組むことができるのです。

フリーアドレスが注目される理由

フリーアドレスで、これまでにない働き方ができることから、社員の意識が変わってくることも取り上げられますが、フリーアドレスを導入するメリットとしては、コミュニケーションが活性化され、近くに座る人をプロジェクト毎に変更することもできます。これにより、プロジェクトの進捗や問題点の洗い出しがスピーディーに行える利点があります。

また、固定席によく見られるのが、デスク周りに資料やものが積まれている方がいらっしゃるという問題点です。資料の紛失や、探す時間のロスなど、業務に支障をきたすことは否めません。

では、フリーアドレスではどのように対応できるのでしょうか。フリーアドレスでは、業務が終わり次第、自分の関係資料は個人用ロッカーなどに片づけます。そのため、デスク周りには資料が溢れることなく、いつも片づいた状態がキープできます。

最近では、ネット環境が整ったことにより、ペーパーレス化を推進している企業も多く見うけられます。フリーアドレスを導入することで、紙の資料を持たずにパソコンを突き合わせて仕事ができるのもメリットのひとつと言えるでしょう。

フリーアドレスのデメリット

フリーアドレスの導入により、解放感のあるオフィスになります。そうなることで、作業をしている内容、つまり、個人のパーソナルスペースがなくなります。

そこで危惧されるのが、適度な距離感を保てないことや集中力の低下です。周りの音や会話が気になることに関しては、働く意欲の低下やストレスとなることがあるので注意が必要です。

レンタルオフィスでもフリーアドレスは可能か?

レンタルオフィスは、一区画のブースをレンタルすることになります。人数によってブースの大きさが異なるので、人員に合わせてレンタルしたいブースを確保することになります。

ブースは契約時に決められ、そこは契約が終了するまで変わることはないのですが、ブース内でしたら、どこに座っても、作業中に移動するのも、レンタルをしている方々の自由です。ネット環境も整っていますので、パソコンを中心としたお仕事ができ、紙媒体を減らす仕事のやり方も可能でしょう。

また、キャビネットや書庫が備品として設置されているレンタルオフィスも多いことから、仮に資料が多くなったとしても、支障はきたさないことでしょう。

プロジェクトの進捗状況でフリーアドレスの導入を検討してみるのも良いかもしれません。

まとめ

レンタルオフィスでフリーアドレスにするには、それに対応できるブースが必要です。そのブース内に、キャビネットや書庫などが設置されていることが前提となりますので、その環境であればフリーアドレスを導入しても良いのではないでしょうか。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る