レンタルオフィス事務所の什器は最小限度でコスト削減効果

レンタルオフィス事務所の特徴としては、契約が整えば事務所に必要な機能はほぼ揃っておりますが、コストを軽減する為の必要限度の事務用品の什器となっています。オプションションサービスで対応できない場合の方法など詳しく紹介しましょう。

レンタルオフィス事務所の什器は最小限度の範囲内

什器(じゅうき)とは、オフィスに置いてある家具や道具の事であり、デスクやイスのなどの事です。デスクやイスの他にも、応接セットや受付用のカウンターがあり、部屋を区切る為のパーテーションなども什器の一部です。

レンタルオフィス事務所の什器は、個人が賃貸契約で事務所を構え、什器を揃える場合とは違いある程度の家具しか用意されていません。最小限度の範囲内であれば、特に決まっているわけではなく、レンタルオフィスを提供している会社によって多少の差が出てきます。

例えば、あえて高級な家具を用意する事で金額を高く設定することもありますが、一般的にはデスクやイスのなどと書庫のような小物入れ程度で、利用価格に反映されないように必要なものしか用意されていません。

勿論、あったらいいと思うような家具などがあるかもしれませんが、事業をする為の場所ですので、特に必要ではない家具は入れずにコストを削減しています。どうしても個人で必要な什器を用意したいのであれば、レンタル会社の許可を取って購入する事になります。

FAX付きのコピー機やインターネットなどは、用意されておりエアコンも完備されていますし、コインロッカーも、有料で貸出しがされていますので、特に個別に必要な家具や機材などがいらないのです。

レンタルオフィスの広さは利用人数によって決めている場合があるので、パーテーションなども必要ありません。必要と考える道具としては、重要な書類など、貴重品を納める為の金庫ですが、個別に揃える場合には念の為に、レンタル会社へ確認を取っておくと良いでしょう。

レンタルオフィスにある什器以外のサービス

レンタルオフィスが提供している共有のサービスは異なりますが、受付サービスとして、専用の人を配置しているサービスや専用の待合室も用意されていて、そこでの商用や雑談ができるようになっています。

個人の会社ならば、会議室が必要になりますが、レンタルオフィス事務所の場合には、必要な時にだけ有料で借りる事ができます。利用する人数に合わせた広さの会議室には、テーブルやイスの他にホワイトボードや大型モニターが用意されており、個人で用意する事を考えた場合には、大きな費用削減になります。

場所によっては、ウォーターサーバーやお茶などのドリンクサービスを行っている場合もあります。また、個々でお茶を用意する場合には、共有の給湯室も用意されています。他にも用意されたオプションサービスを利用する事で、会社の機能としては、十分すぎるほどであり、個別に用意する負担軽減を考えられた事務所が、レンタルオフィス事務所の魅力であり、利用効果なのです。

どうしても必要な什器があるのであれば、実際に現場を見学して利用価格なども検討した上でレンタルオフィスの利用を考えると良いでしょう。

まとめ

通常の会社や事務所などで、必要となる什器を揃える場合には、少人数の事務所であってもレンタルオフィスで用意された費用を考えると、数十万あるいは100万円以上となるでしょう。レンタルオフィス事務所を利用する際には、パソコンだけ持っていけば、すぐにでも事業を始める事ができるのです。身軽であり臨機応変に使用できる良さがあるのです。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る