シェアオフィスってどんな感じ?個室ブースもある?

近年では柔軟かつ多様な働き方の浸透もあり、リモートワークを導入する企業も増えています。それに伴い、シェアオフィスへの注目度や需要も高まっています。これからシェアオフィスの利用を考えている方にも分かりやすく、シェアオフィスについて簡単にご紹介します。

シェアオフィスとは

シェアオフィスとは、1つのオフィスを複数の企業や個人がそのフロアの設備などを共有して使うオフィスのことです。よくフリーアドレス型といわれます。簡単にいうと利用する人は使用する席を固定せず、空いている席を自由に使って仕事をするということです。

またシェアオフィスは、他のサービスとの違いをはっきり区別できるような明確な定義はありません。そのためオフィスを提供する運営会社によって定義が異なる場合は、サービス内容が変わることもあります。利用する際はしっかり確認しましょう。

シェアオフィスのメリット

シェアオフィスは仕事に必要な設備が整っている場合が多く、最大のメリットは賃貸オフィスに比べて初期費用や経費を抑えられることです。

他にもいろいろな企業や職種の人がいるので、人脈を広げたり情報の交換ができたりします。そこからビジネスチャンスを広げられる可能性もあります。

〇シェアオフィスの主な利用者
●新たなビジネスモデルの開発などを行っている企業(スタートアップ企業)。
●自ら事業を興している(起業している)人。
●フリーランスや個人事業主。
●テレワークを行う場所として使っている会社員。

シェアオフィスのデメリット

シェアオフィスのデメリットは、不特定多数の人が利用するがゆえのセキュリティー面です。ネットの回線も共有だった場合、そこからウイルス感染や情報が漏れるなどのリスクもあります。

他にはプライバシーの問題や、周囲の雑音などがあります。色々な人が共有スペースで作業を行うため、他の人の話し声や歩く音・電話や会議をしている声などの音が耳に入ります。静かに集中して仕事がしたい人にはデメリットになる場合があります。

セキュリティー面や雑音が気になる人や自分専用の完全個室を使いたいという人には、レンタルオフィスを利用するという方法もあります。

ブース席は形も広さもさまざま

オフィスは提供をする運営会社によってフロア構成が異なります。オープンスペースだけであったり、仕切りがされたブース席もあったりします。ブース席にも様々な形があり、中には個室も用意されているところもあります。

一つ注意点として「作業スペースの広さ」があります。オフィスによってデスクの大きさも違えば、ブース席もその形や大きさが違います。資料を広げるスペースはあるか、窮屈な空間でストレスを感じることはないかなど確認も必要です。

まとめ

シェアオフィスのフロアの雰囲気やブースの広さなどは、写真だけでは分からないこともあります。希望の設備は整っているのかなども含め、実際に足を運んで確認(見学)することもオススメです。自身のワーキングスタイルに合っているのか見極めて利用しましょう。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2021-3-9

    起業前に知っておきたい納めるべき税金

    起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…

ピックアップ記事

  1. 起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…
  2. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  3. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  4. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  5. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  6. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  7. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  8. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  9. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  10. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る