知っていますか?シェアオフィスとサテライトオフィスのちがい

新しいオフィス形態として、日本でも広まってきているシェアオフィスとサテライトオフィス。聞いた事はあるけれども、ちがいがよく分らない、と言う人もいるのではないでしょうか?今回は両者のちがいについて、詳しく解説します。

シェアオフィスとは?

シェアオフィスとは、英語のShared Officeから来ています。意味は共有されたオフィスです。その名の通り、一つのオフィススペースを複数の利用者が利用するというオフィス形態です。大きなテーブルと沢山の椅子がある、又はたくさんテーブルと椅子があります。

施設によって異なりますが、周りのスペースからパーティションで区切られた半個室を備えている場合もあります。席は基本的にフリーアドレスと呼ばれる自由席ですが、オプション料金を支払う事で自分専用の席とする事ができる施設もあります。

コピー機/ファックス/スキャナーの複合機をフロア内に置いていて、実費負担で利用できるという形態を取っている施設が多いです。他にも貸会議室やロッカーが有料で使用できる施設もある様です。その他、高速インターネット回線が完備されており、ノートパソコンを持ち込めばいつでも業務を始める事ができます。

サテライトオフィスとは?

英語のsatellite、衛星と言う意味の言葉が使われている通り、企業の本社などの拠点とは別に、離れた場所にある拠点をサテライトオフィスと呼びます。サテライトオフィスを企業が設ける意味とは、既にある拠点とは別の場所にオフィスを設ける事で、従業員の通勤の便を図る、離職率を下げる、最近では世界的感染症対策として1ヶ所にすべての従業員を集める事を回避する、などがあります。

従来の支店や支社などは、営業活動の拠点という意味合いが強かったのですが、サテライトオフィスはエンジニアのみが働いている、と言ったケースも珍しくありません。また、従来の支店、支社などと言った拠点と比較して、規模が小さいのも特徴です。

それ以外にもあるオフィス形態

シェアオフィスとサテライトオフィスのちがいが分ったところで、よく混同される他のオフィス形態についても触れたいと思います。

レンタルオフィスとは?

シェアオフィスとは異なり、別の利用者とはパーティションやドアで仕切られた専用のスペースを割り当てられて仕事をしますが、複合機や会議室などは、シェアオフィスと同様、他の利用者と共有するオフィス形態です。専用のスペースのドアには施錠できるため、毎日業務を終えた後にパソコンなどを持って帰る必要がありません。

専用スペースは、一人用から、数人程度用までが同じフロア内にある事が多く、まだ賃貸オフィスを借りるほどではないが、これから徐々に会社の規模を大きくしていきたいというスタートアップ企業などが、従業員の増減に合わせて簡単な手続きで借りる専用スペースを変える事が可能です。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィス(英語ではVirtual office)とは、仮想オフィスという意味になります。
実際に仕事をする場所を借りるのではなく、名刺やホームページに載せるオフィスの住所を借りるサービスの事を言います。自宅で仕事をしているが、賃貸契約の制約上、自宅を事務所にできない、又はプライバシー保護の観点から自宅住所を公開したくないという人から需要があります。

バーチャルオフィスはあくまで住所の提供だけのサービスで、テーブルや椅子を備えた業務スペースは無い事が多いので、注意が必要です。その分、利用料はシェアオフィス、レンタルオフィスなどに比べて低くなっています。自宅以外で仕事をしたいという人は、オフィススペースの利用可能な施設を探してみると良いでしょう。

まとめ

今回はシェアオフィスとサテライトオフィスそれぞれの概要と、混同されがちなものとして、レンタルオフィス、バーチャルオフィスをご紹介しました。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2021-3-9

    起業前に知っておきたい納めるべき税金

    起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…

ピックアップ記事

  1. 起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…
  2. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  3. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  4. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  5. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  6. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  7. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  8. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  9. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  10. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る