テレワークに最適なシェアオフィスサービスの活用法

新型感染症の影響でテレワークの普及に伴い、ニーズが高まるシェアオフィス。さらに、昨今では働き方改革も周知され、フレキシブルなワークスタイルが認められるようになりました。シェアオフィスの増加は、社会の変化とシェアオフィスのサービスが持つ利点がマッチした結果なのです。

シェアオフィス増加の背景

需要が増えた理由の1つは、副業やテレワークの拡大にあります。背景には、国が出勤者数の7割削減を企業に求めている事や、事業への参入が容易であるからです。

不動産・交通インフラ・ソフトウェア企業・ITといった異業種が続々と、シェアオフィス事業へ参入しています。

メリット

このオフィスは、1つのオフィススペースを複数の個人や企業で共有して使用します。そのため、設備やオフィス空間をシェアすることにより、初期費用にかかるコストや月々の経費を劇的に軽減できる事が利点です。

個別に賃貸事務所を借りるよりも大幅に低額であり、資金力のないスタートアップ時にも安心して使用できます。

ランニングコストにおいても同様で、例えば電気代・水道代・電話代・インターネット利用料・ガス代などは利用料に含まれており、これらは追加費用になりません。そのため、コスパ重視でワークスペースを確保できるのです。

OA機器も共有で、会議室などの基本的なオフィス設備やビジネスに必要なものが揃っています。それにより、使用までのスタート期間も比較的短く済むのも魅力です。

テレワークに最適な活用術 3選

テレワークでこのオフィスを使用するにあたって、どのような活用ができるのか具体的な3つのケースをご紹介いたします。

自宅の近くで

テレワークの1つの形態である在宅勤務は、自宅で仕事をする事を指します。通勤負担の軽減も多く、在宅勤務の継続を希望する方も多いでしょう。

しかし、自宅以外に働く場所を構えることにより、 信頼性や生産性は大きく変わります。その理由は、生活空間の延長である自宅を仕事場にすると、集中力が保たれないからです。例えば、自宅では子供が遊ぶ、または、来客がありえます。

そこで、自宅近くのシェアオフィスを活用すれば、生活パターンは大きく変更されることなく、周囲に妨害されない環境が確保できるのです。

会社の近くで

近年では、フレキシブルな働き方を推奨し、企業単位でシェアオフィスを契約する所も出てきました。会社の近隣に別のオフィスをもつメリットは、営業先に出向く際の不便がなく、環境を大きく変えずに仕事をしたい方に向いています。

副業で活用

現代は、多くの企業が副業を解禁する傾向に変化しました。それに伴い、シェアオフィスのニーズが高まっています。

副業を始めるにあたって課題となるのが、場所の確保です。外出先での作業は効率が良いですが、例えば、打ち合わせをカフェで行うと、出向く度にお金がかかりますし、コピー機などのオフィス機能が整備されていません。

騒がしい店内では、人目も気になる方もいらっしゃるでしょう。さらに、ネット環境が不安定になる心配も払拭できません。

しかし、そのような悩みもこのオフィスを利用することで、全て解決することができます。さらに、本業の事務所の近隣でシェアオフィスを借りる事により、退社後すぐに副業に取り組むことが可能です。

まとめ

テレワークに最適なシェアオフィスの活用を見ていきました。仕事場の確保にも付加価値が求められている時代です。ワークスペースの需要は増加傾向であるとともに、シェアオフィスの利便性もこれからさらに向上していくでしょう。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2021-3-9

    起業前に知っておきたい納めるべき税金

    起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…

ピックアップ記事

  1. 起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…
  2. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  3. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  4. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  5. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  6. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  7. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  8. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  9. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  10. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る