スタッフはどうする?スタッフ募集 チラシにのせる内容は?

創業にはいろいろな準備が必要ですね。
特に、スタッフをどのように集めるのかは難しいところです。
手頃なところでは、募集チラシを張り出したり、配布したりすることではないでしょうか。
スタッフ募集チラシについて考えてみましょう。

■スタッフ募集チラシはシンプルが良いのか?

スタッフ募集のチラシは、極端にシンプルにするか、詳しく条件がわかる書き方にするか迷います。
まず、極端にシンプルにした場合を考えてみます。
<メリット>
文字を大きく出来てインパクトのあるチラシになる。
直感的に興味を持ってくれた人が問い合わせてくるので、間口が広がる。
<デメリット>
内容に不安があって問いあわせ数が意外に伸びない。
条件に合わない人が応募してきてしまう可能性がある。

では、ある程度詳しく募集条件や仕事内容を書いた場合はどうでしょう。
<メリット>
条件に合った人からの問い合わせの確率が高まる。
条件や業務内容の説明がしやすい。
<デメリット>
詳しく書きすぎると、間口を狭めて応募者そのものが無くなるかも…。
文字が多すぎると読みにくく、張り紙にしたとき伝わらない。

■どんな項目があれば良いのか

・応募資格
・勤務日数・勤務時間・時給
・仕事内容
・交通費支給・まかない・制服貸与等の有無
・応募方法・連絡先・申込先
こうした項目を基本に、どんなチラシなら希望している人材が応募してくれるのか想像しながら作っていきましょう。
応募者の立場になって、どんな言葉にひきつけられるかを考えてみましょう。
時給を書くなら、平均値以上の金額、新規事業なので自由な雰囲気であることなど、ウリにできそうな事を考えて盛り込みましょう。

■パソコンで自作するならテンプレート

ある程度内容を絞り込んだら、パワーポイントやワードが提供しているテンプレートをみてみましょう。
文字が読みやすいだけでなく、全体に画像が入っている場合には、事業のイメージにあう色や画像が使われているものを探しましょう。
大きな文字・サブタイトル・詳細な内容と、レイアウトが振り分けられていますから、書きたい内容の文字数に合わせてみましょう。
貼り出しに使うなら…
① 目につくこと。
② スタッフ募集をしていることがすぐにわかること。
③ 業種・業務内容がイメージ出来るデザイン。
最近は、応募者を集めるのに苦労するケースが出てきています。
専門学校に求人する、思い切った報酬をつける、やりがいやメリットを感じられるような条件をつけるなど、自社に出来が出来ることを考えてスタッフ募集にいかしましよう。

最新の記事

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る