バーチャルオフィスの事務所を住所で選ぶ法人登記

バーチャルオフィスの良いところは、必要なものだけが存在する事です。その必要なものとは、事務所の住所が最大の特徴です。バーチャルオフィスの事務所を、住所で選ぶ法人登記として、法人登記を行う住所にこだわって紹介しましょう。

バーチャルオフィスの実態とは

バーチャルオフィスは、住所があっても実際に作業する場所の提供は無いのです。これは、バーチャルオフィスのメリットでもあり、デメリットでもあるのです。実態が無くても、住所が取得できれば、「法人登記」に必要な条件は十分に満たす事ができるのです。

しかも、日本の経済の中心地である都内の23区の中に、バーチャルオフィスが多数存在するので、知名度や場所による優位性で選ぶ事ができて、その地域にある法務局にて「法人登記」を申請する事が可能だからです。

住所による法人登記のメリット

都内23区以内で起業した場合と、関東近郊で起業した場合では、取引相手の印象が大きく違ってくるのです。つまり、取引相手に対する信用度を高めてくれる効果をもたらします。

通常のオフィスを賃貸契約する場合と比べたら、初期投資の費用で100万円位の保証金が必要となる場合があり、他にも諸経費や家賃と、電話や事務機器をそろえる場合に更に、数十万円が必要になるでしょう。バーチャルオフィスの費用は、数万円からとなっています。オプションによって多少の費用は異なりますが、初期費用の軽減に役立っています。

銀行口座の登録

バーチャルオフィスでも銀行口座の取引では、口座での取引が法人登記の住所に作成する事が可能なので、銀行からの振り込みや、取引代金の支払いも銀行の支店名で取引されるので、業者からの印象は高く評価されるのです。

起業した当初は、イメージブランディングが重要

住所だけに限らず、起業した当初は、自分たちの会社を売り込む事が重要です。起業したてでは、海の者とも山の者ともわからない会社に信用度は、まったく持ってゼロとしかいいようがありません。

イメージブランディング(イメージ戦略)の第一歩としての、住所の重要度がいかに必要かを、思い知る事になるのです。実力や実績を積みながら、バーチャルオフィスから自社ビルへの実現に向けた目標を立てる事は、起業する最大の目標ではないでしょうか。

住所貸しのトラブルとは

バーチャルオフィスは、商用として法人登記もできるサービスとして、最低限度の住所と電話サービスなどを利用する事です。例えば、知人の住所を借りた場合や、自分の住所を他人に貸した場合に、金銭からみのトラブルは数多くあるのです。

折角、合法的に利用できる安価なサービスがあるのに、月々の数千円の支払いを惜しんだばかりに、数百万円や数千万円のトラブルを引き起こす可能性を利用すべきではありません。バーチャルオフィスの法人登記は、最低限度の必要性と安心を兼ね備えているといえるのです。

まとめ

バーチャルオフィスの事務所を住所で選ぶ法人登記として、法人登記を行う住所にこだわるのは、創業資金を抑える為ばかりでなく、信頼と安心を手にする事ができるのです。是非、有名な場所での法人登記で会社を大きくする事へチャレンジしてみて下さい。

起業をお考えのかたや、営業の拠点としてシェアオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。さらに首都圏各地にレンタルオフィスも数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

最新の記事

関連記事

LP_banner_01

  1. 2018-6-13

    バーチャルオフィスの法人登記で必要な資本金って?

    初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…

ピックアップ記事

  1. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  2. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  3. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  4. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  5. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  6. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  7. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  8. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  9. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…
  10. 採用業務では、応募者の住所氏名のほか、生年月日や職歴など“個人情報”を扱いますから、個人情報の取り扱…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る