バーチャルオフィスが抱える問題点

自宅を仕事場にしながら、住所を都心の一等地(仮想空間)として利用出来るだけでなく、集合住宅に住んでいる方にとっては家主さんに迷惑をかけずに済むこともバーチャルオフィス最大の利点です。今回はバーチャルオフィスが抱える問題点について説明します。

バーチャルオフィスとシェアオフィス、レンタルオフィス

冒頭にも話したように、仮想空間の住所を利用しながら自宅で仕事するのがバーチャルオフィスで、業種などが異なる方々が、一つのスペースに集いながら仕事を進めるのがシェアオフィスで、区画と人数を限定(個室)して仕事を行うのが、レンタルオフィスでありこれらを構成しているのがサービスオフィスです。

そのうちの一部であるレンタルオフィスは、利用する人数に見合った区画を提供し、業務に適した広さで仕事を行っています。人数増加が発生した場合、スタッフに申し出ることによって場所の変更に対応できるのが特徴です。初期費用に関しても通常の貸しビルの一室を借りるより低く抑えています。

バーチャルオフィスの問題点

バーチャルオフィスの問題点として挙げられるのが、法人向け銀行口座の開設と創業融資がともに困難になったことです。前者は仮想空間内の住所を借りて自宅などで仕事ができる、といった長所の一つが悪用される形で問題視され、代表的な例が振り込み詐欺事件や出会い系サイトを悪用した事件があります。

このケースはバーチャルオフィスが拠点として利用されたため、問題点の一つとして挙げられました。警視庁では、登記登録をした住所がバーチャルオフィスとした場合、金融機関に対し法人向けの銀行口座開設をしないように通達を出すことになりました。

後者は事業実態の不透明性から、創業向けの融資を受けることが不可能となった事業者も多数発生しました。飲食店など実際の店舗や事務所を構えながら事業を行う場合と比べ、その実態が分かりにくいため、金融機関側として厳しい審査をすることになり、創業の時点で事業資金融資は不向きとされています。

問題点の解決に向けて

実情は、法人向けの銀行口座開設を行う場合、所在地がバーチャルオフィスの住所であることを理由に開設を断るようなことはなく、実際に事業を運営する事業者自体の信用を総合的に見極めながら審査を行っています。

その結果により、堅実性の高い事業であると判断すれば法人向けの銀行口座開設は、開設できることになります。しかし、犯罪収益移転防止法に基づき本人であることを確認できる資料のほか、事業の明確性を説明できる資料や銀行口座を開設するために必要な資料も用意しておくと口座は開設可能となります。

金融機関からの融資は前述の通り事業実態の不透明性から融資を受けられる可能性が低くなります。金融機関に事業資金の融資をお願いする場合、審査の厳格化により難しくなります。しかし、融資をした後も完済できると判断可能なビジネスモデルの構築可否に注目し、事業遂行が確かなものであることが基準です。

融資を受けるための条件としては、固定費用及び初期費用を節約した堅実経営である旨を、金融機関側に説明するほか、売上計画がセットされた事業計画書を作成し提示すれば、問題なく融資可能となっています。

まとめ

バーチャルオフィスの問題点は、利点を悪用した犯罪行為の温床になったことにあります。そのため法人向け銀行口座開設及び融資を受けることに影響を与え、これらが困難になった時期もありました。しかし、堅実性の高い事業を行う旨を金融機関に伝えれば問題点はクリアされます。

起業をお考えの方や、営業の拠点としてシェアオフィスやレンタルオフィスをお探しの際には、Buil‐netフロンティアをご活用ください。首都圏各地にレンタルオフィスを数多く展開しております。ご興味のある方はぜひ、下記公式サイトをご覧ください。

受付対応型サービスオフィスBUSINESSPORT
http://www.mtg-mbp.co.jp/

関連記事

LP_banner_01

  1. 2021-3-9

    起業前に知っておきたい納めるべき税金

    起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…

ピックアップ記事

  1. 起業した人は、個人事業主・法人問わず税金を納めなければなりません。税金による支出のことを考えずに予算…
  2. 初めて企業する場合、バーチャルオフィスを利用するメリットは多くありますが、そのメリットの1つとして開…
  3. 最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといったものが増えたことにより、手軽に起業できる時代になっ…
  4. 事業を始めたい!でも、多額の初期費用がかかってしまうから始めようにも躊躇してしまう・・・ そんな方の…
  5. 働き方改革、副業奨励など、企業や創業の数が増える傾向にありますね。民間のインキュベーショーン事業も盛…
  6. 事業を法人化すると、信用が高まります。規模拡大を希望する場合や、ある程度の収益が上がる基盤を築いたら…
  7. 法人登記をすると、事業に対する信用が高まり、規模拡大しやすくなるメリットがあります。会社の本店所在地…
  8. ビジネスチャンスをしっかりつかむには、かかってきた電話など、問い合わせを漏らさず受ける事が大切です。…
  9. ホームページやSNSを公開していても、連絡先として固定番号があった方が良いですよね。問い合わせをする…
  10. 創業の時には、たくさんの資金が必要になります。補助金を利用すると、キャッシュフローに余裕をもたせて事…

話題をチェック!

  1. 起業したての頃はコストをなるべくかけたくないと思います。ましてや外出時にお客様からビジネスチャンスを…
  2. レンタルオフィスも契約し、企業経営のスタートラインに到着したのもつかの間、今度は同じ志を持ち一緒に事…
  3. バーチャルオフィスは、はじめて事業をはじめる人に向いているのですが、長期的に利用する人も多くいること…
  4. 起業する際、まず初めに組織創りからの役職の選定に悩みます。大手企業や普通の会社の真似をする必要はなく…
  5. どの企業の人事や採用担当者も頭を悩ませるのが、求職者をどのような基準で採用すればよいのか。また起業し…
ページ上部へ戻る